カバン等や身だしなみに注意して転職面接を

転職,面接,カバン

新卒の就職活動と中途採用の就職活動とでは少し異なる面があります。転職して新たな職を探している人の場合には基本的な社会人としてのマナーはついているということは前提として考えられることが多く、そういった側面について新卒者よりも厳しく評価されることはあまりありません。しかし、だからといって面接の際に普段着で行ってよいということはなく、社会人としての最低限の礼儀をもった服装で向かうことが必須です。身だしなみという観点から服装も重要ですが、カバンや靴といったものも適切なものを身につけるのがマナーですので、うっかりバックパックなどで会場に向かってマイナスのイメージを与えてしまわないようにしましょう。身だしなみは転職に際してはそれほど気にする必要がないとはいえ、重要なポイントとして身支度を整えることはおさえておくべきです。これは減点対象となるからという考え方からではなく、互いに快適で心地よい関係で面接を実施できるからということにつながります。もし、例えばビジネスカバンではなくバックパックで登場したが為に面接官の一人が不快に思ってしまったら、それだけで全体的な評価がマイナスになりがちになってしまいます。そういった評価を避けるためにも身だしなみは重要なのです。 418

性格によって異なる転職時の面接対策法

転職,面接,カバン

転職活動時の面接対策は、応募者の性格によって変わります。 人と話すのが苦手で緊張しやすい人は、事前に模擬面接を受けたり、質問される内容を予想してそれに見合った答えを用意しておいたり、テンポ良く会話できるように練習しておくことが有効です。緊張すると言葉に詰まってしまうことが多いものですが、長時間黙り込むことのないよう、対策を立てておく必要があります。入室前に何回か深呼吸したり、耳たぶをマッサージすると、緊張をほぐすことができると言われています。また、模擬面接を繰り返し受けることで独特の雰囲気に慣れ、少しずつ緊張しなくなるケースもあります。 コミュニケーション能力が高く、伝えたいことがどんどん出てくるというタイプは、話す内容をまとめる努力が必要です。一人の応募者に用意される時間はそう長くはありません。そのため、効率良くアピールするためには必要なことだけを簡潔に伝えなければなりません。要点をまとめることができるかどうかは、応募書類の作成時にも反映されます。日頃から何を伝えたいのかという点にポイントを絞り、伝え方に工夫すると、いざという時に慌てることがありません。 このように性格によって取るべき対策は異なります。転職を成功させるためには、自分がどのようなタイプなのかを知る必要があります。 419